映画『#ギャングース』

映画『ギャングース』


監督:入江悠

出演:高杉真宙/加藤諒/渡辺大知/

林遣都/伊東蒼/山本舞香/

芦那すみれ/勝矢/般若/菅原健/斉藤祥太/斉藤慶太/

金子ノブアキ/篠田麻里子/

MIYAVI



試写会を経て、12月23日の公開を過ぎて。

メルマガの方でも『ギャングースを世界最速で語る会』イベントがあったりして。

改めて、映画館で観て。

映画の見方も、外に出た時の景色も変わる映画体験だった。


漫画が原作、というので引っ掛かる人は多いと思う。

なんでもかんでも実写化かよっ

て。

私もたまに言うし。笑)


今回の『ギャングース』も、まごうことなき”実写化”ではあるけれど。

題材としてきちんとした出汁があり、

映画というジャンルを漉して、エンタメが完成されてるのよ。


そもそも漫画自体が凄く緻密なインタビューや事実を載せていて。

漫画の冒頭部分に「ここに載っている犯罪手口は事実であり、防犯にお役立て下さい」

的なこと(ちょっと違うけど)が書いてある漫画、今まであったかい。

衝撃だったよ。笑)

そんな骨がしっかりしてるんだもの。

今だから皆に観て欲しい、届いて欲しい作品だな、と。


映画の尺も色んな事情もあるだろうし、

よーーく観てるとつじつまやら何やらは気になることもあるけど。


この3人を、3人の少年を見逃して欲しくないなぁ、と。

改めて観て感じてました。


漫画から産まれた3人だけど、ここに登場する人物は決して、

完全なフィクションじゃないから。

今の日本に、こんな子達、いるんだって、よ。


私は普通の家庭に産んでもらって、両親ともにいてくれた。

恵まれている。けど。

コンビニで物買ってる人見て恨んだことってあります??

そんな経験、もう二度としたくないからしない方がいいんですけど。笑)


もっと壮絶でぐっちゃぐちゃで。

それでも彼らは生きていて。



彼らに対抗する[詐欺グループ]側、悪サイドに至っては

役者陣がもう、ほんと、素敵で。←


力ある人たち、この人たちだからスクリーンの中で生きたキャラクター達は

どこに行っても観られないよ。

それこそ、ヴィランズのエンターテイナーに拍手喝采。


それでも彼らも同じ人間。

ここにサイボーグもAIも出てこない。

人間同士。


最後の最後は、ちょっと胸がチクリとする。

実はみんな、同じ寂しさを共通で抱えていたことがわかるのよ。



最後の最後の本当にラストシーン、

その後のエンドロールの爽快な歌で

はーーー楽しかったーと気持ちよく映画館から出るのだけど。

映画館出て、例えば目の前にイルミネーションがあったら。

かっこいい車が停まってたら。

小綺麗にしたお姉さんがいたら。

はしゃいでいたら。


彼らが頭を胸を過って、最後のシーンがグっ、と

思い出し刺さってることに気付くと思う。




実はもう、上映館がだいぶ少なくなってしまってます。


関東地区では


ーーーーーーーーーーーーーー

*埼玉 シネプレックス幸手 0570-783-733

16:30 / 18:55 〜 終21:05 11/23(金)~


*埼玉 ユナイテッド・シネマ ウニクス上里 0570-783-150

19:00 / 21:30 〜 終23:40 11/23(金)~


*東京 ユナイテッド・シネマとしまえん 0570-783-980

09:00 〜 終11:15 11/23(金)~


*東京 ユナイテッド・シネマ豊洲 0570-783-789

10:30 〜 終12:40 11/23(金)~


*東京 立川シネマシティ 042-525-1251

17:40 〜 終19:46 11/23(金)~12/13(木)


*神奈川 横浜ブルク13 045-222-6222

21:30 〜 終23:40 11/23(金)~


*栃木 109シネマズ佐野 0570-019-109

21:30 〜 終23:40 11/23(金)~12/13(木)


*群馬 109シネマズ高崎 0570-004-109

18:45 〜 終20:55 11/23(金)~12/13(木)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



都内では、

としまえん、豊洲、立川の3館。


しかし埼玉は熱いな。8888)


他の地区はこちらからご参照下さい。↓

『ギャングース』上映館




縮小早いし賛否両論も、細かいところ突っ込むも

ガッツリ刺さるもある。

そんなん映画も舞台も、なんにしたって同じ。


ただこの流れや色々追ってて、

なんでもかんでも批評、評論するのが当たり前な時代になったんだなーと。

なのに、映画館に行く人って日本はわりと少ないもんだから悶々としたり。小声)

(もちろん人のこと言えないし、かなり観てて目が肥えてる人もいますよ)


いち娯楽としても、楽しめる作品です。

ニュースで永遠と語れちゃうものを、エンタメに乗せて、

より身近に届くように。



肩書きだけじゃない骨太な人たちが集結して出来上がりました。


どうぞ、まだ上映は続いてます、ので、

ぜひ、映画館へ足をお運び下さいまし。



ちなみに私ですが。

茶色い鞄が出てきたら、要注目です。

地味ーな女が出てきたら、「お」、と見つけて下さい。




カットされてますが、裏話。



「あぁいう地味な女の方が夜は凄いらしいぜ」

みたいな台詞を言われてた女が私です。


ふーふーふー。

あ、完成版では言われてないんですけど。笑)




2回観ると面白さがホント、マジで、変わりますコレ。

別にどんでん返し系の話じゃないんだけど、不思議なことに。

おすすめ。



映画館で、お待ちしています*






ちなみにこの画像、
ギャングースpresents
『実録‼︎振り込め詐欺の仕組み』
撮影後の打ち上げのお店に貼らせて頂いたポスター。


…ビビるよね…
私も、入江監督と一緒にサイン書かせてもらったんです…。

上海国際映画祭の時より緊張した…←

こちらも併せて、観ーーーてね!

【亀田梨紗次回出演】

【映画】

・2018/11/23~全国公開『ギャングース

・6/3~『恋とさよならとハワイ』DVDセル&レンタル化

日本芸術センター映像グランプリ(優秀賞受賞)記念上映『東京の夜』(萩尾悠監督)

2019年1月26日(土)19時上映

梨の日

Risa Kameda Official Blog 亀田梨紗のオフィシャルウェブサイトです。 ブログを中心に更新していきます。

1コメント

  • 1000 / 1000

  • 神田久好

    2018.12.08 21:54

    おはよう! 梨紗ちゃん、こっちでもやってることが判りました~!  朝早いけど、何とか頑張って観に行きますヨ~~  今日も色々と頑張って下さい!