怒涛の3本映画

試写会をした作品のことが、もっと知りたくて。


監督さんが好きな作品、オススメの映画を教えてもらった。


怒涛の3本、軽く観れたもんじゃなかった←



ポール・トーマス・アンダーソン監督

『ザ・マスター』(2012)

『インヒアレント・ヴァイス』(2014)


デヴィット・クローネンバーグ監督

『コズモポリス』(2012)





『ザ・マスター』を観てから『インヒアレント・ヴァイス』観たけど

両作品に主演しているホアキン・フェニックス

凄すぎてもうなんなんだ。


ていうか『her/世界で1つの彼女』の人じゃんか

って後から気づいて更に度肝抜かれた。


何かに依存する人のイメージがあるのかしら。

『ザ・マスター』では酒、『インヒアレント~』ではハッパ、

『her~』では声の彼女にのめり込んでゆく。

ひゃー、ほんとビックリした。



P・T・Aの作品はきっと初めて観たけど、

疲れてる時は特に観れないほどの、大作だった。


『ザ・マスター』は2回寝落ちした←

でもグっと観れた時は釘付け。

作品の本筋を追っちゃうと脳みそ訳わかんなくなるから

何度か観た。



『インヒアレント~』の方がなんとなしに、コメディ。



でもとてもブラックジョーク寄りで、結局なんだか残されてしまった主人公に

寂しさがポツリ。

色々解決してやったのにも関わらず、結局彼自身は、、、

あれ?みたいな。

自分がもっとアメリカのポップカルチャーなんぞに興味があったら

より楽しめたのかも。


DVD特典映像のトレーラーで、話分かった部分もあった。←

『ザ・マスター』は3回も前半を観てるもんだから←

この大作っぷりを楽しめた。


この2人の関係性、まさに”競演”の言葉が似合うぶつかり合いの反応が見事。。


後に、フィリップ・シーモア・ホフマンが薬の過剰摂取で亡くなってたと知り、

なんだかこの作品が皮肉に思えたというか、逆転に哀しくなったり。


最後の、冒頭にあったカットにハッとさせられた。

この映画のピースがハマり過ぎて、凄いものを観た余韻が止まらなかった。


あぁ、帰ってきたようで、あの時のマスターへの想いも関係の時間も、

一気に過去のものになってしまったようで。

でもきっと彼の中には、ふとした時にこれからも過るであろう

バカみたいな夢みたいなマスターとの時間。


両作通じて、社会的なこと、寂しさ、疎外感と孤独がずっと感じられる。

すんごく難しかったけど。白目)


今度会った時にとことん語ってもらわなくちゃ。



『コズモポリス』は、観た3作品の中で1番好きだったかも。



話は2作同様、真面目に追ってたら何か分からなくなるかもだけど。


全ての会話劇があまりに素敵で、シーンごとに楽しめる、、



ずっとリムジンの中。

大富豪が全部手に入れてるようで、絶対手に入れたいものは

中々手に入らず。


引きこもりの子が世界を牛耳れてるようで、

1番欲しい人間が手に入らない、ってのが、

共感はできないけど、よく描かれるお金持ちエピソードな気がする。

ちょっと哀しいぜ。


からの、最後の暗殺者(?)との会話。

彼の本音がチラホラ見えたようで、吐き出せたようで、胸掴まれた。


舞台化するなら1番向いてるかも、なんて。

別物のようで、じりじりと積み重なっていく各会話シーン、

凄く好きだった。


でもきっと、やっぱり100%楽しむには

監督に解説含めて語ってもらわねば。ね)




「日本では全く流行らなかった」



この推しを聞いた上で観て、

納得。笑)


とにかく小難しいし簡単には観れない。疲)

でも、観れば観るほどやみつきになっていくし、

段々と、話も、あのシーンはこういう流れだったのかと

分かっていく面白さが詰まってる。


この映画が好きで薦めてくれたと思うと、

試写会の作品にも、とても説得力が増しました。笑)


頭使わない単純な作品は大好きだけど、

そのシーンの意図や話の本意が必ずあって。


作品自体を観解いていく。

そんな醍醐味のある作品達だったし、きっと出演した作品も

そうなんだと思う。


脚本にも、完成作品にも、聞けば必ず答えが返ってくる。

”なんとなく”が無い作品だったから。


難解に見えるけど、そこを説明していって、

観ながら解かれていく味わいを感じてもらえたらいいんだろうな、

なんて振り返りました。



うん、

必ず答えと意図があるのが好きだったんだ私。


公開出来た時にはトークショーガッツリ組んだり

パンフレットまで作りたくなっちゃうね。夢)

【亀田梨紗次回出演】

【舞台】青春事情『キレナイ』

2018/6/20(水)~24(日) @OFF-OFFシアター(小田急・京王井の頭線「下北沢」駅南西口改札より徒歩約5分)

公演詳細 https://87risa.theblog.me/posts/4086791

【映画】

・6/3~『恋とさよならとハワイ』DVDセル&レンタル化

カナザワ映画祭2018 ”期待の新人監督”『東京の夜』(萩尾悠監督)入選&上映

・『ギャングース』(入江悠監督)2018秋 全国公開

梨の日

Risa Kameda Official Blog 亀田梨紗のオフィシャルウェブサイトです。 ブログを中心に更新していきます。

1コメント

  • 1000 / 1000

  • 神田久好

    2017.05.20 21:56

    おはよう! 梨紗ちゃん、昨日は映画三昧でしたネ~ 私も久しぶりにビデオ屋へ行ってみようかな~笑 なかなか、最近はユックリ家で鑑賞できないから たまには梨紗ちゃんみたいにしてみます!