東京オペラシティでクラシック

お正月も明けてすっかり世の中通常営業。

でも「お正月から贅沢な…」と思わずこぼしてしまう所に。

クラシック音楽
『午後のクラシック』

東京フィルハーモニー交響楽団の皆様が奏でるクラシック音楽生演奏。
あぁ、なんて教養のある感じ。。
贅沢だなぁ。




実際にクラシックをオーケストラで、
なんて小学校の学校行事以来かもしれない。


指揮者、マエストロって、本当に音楽を操る人なんだと。

今回の指揮者、小林さんは、通称コバケン。
イベントの以降もあってか、演奏前に色々とまったりお話してくださった。
お話するのも好きな人なんだろうな。笑)

この曲はね、
と前奏あたりを解説してくださり、
「◯◯さんと◯◯さん、ちょっといいですか弾いてみてもらえますか?」
なんてリクエストしちゃって。

実際に聴いて、細かく解説してもらってからの本番演奏。
とても入り込みやすいし、わかりやすく、なるほどと膝を打ちながら聴き入ってしまえる。
こんなラフな聴き方も、なんだかいいですね。
ハードルも下がり身近に感じられる。



題名だけではわからないものも、いざ聴くと知ってる曲ばかりで。
自分がクラシックバレエを習っていたこともあり、クラシック音楽を聞いて育ったことも、改めて親に感謝しつつ。


目の前で奏者を観ながら耳で感じる音は、こんなにも仕掛けや重なりがあったのかと発見がとにかく多い。。
奏者の顔も、曲によって、場面によって変わってくる。

また、トーク中に
「お客さんあってこそですものね」
なんて会話もあったり。

アンコールでは客席は拍手で演奏に参加したりと、会場全体で楽しめた演奏に大満足。


おそらく初めて足を運んだ東京オペラシティ。
その劇場自体も堪能。

新鮮な時間だったなぁ。

ついバレエの絵が浮かんでしまうけど、それもまた楽しかったり。

バレエも観たいし美術館も行きたい。



話も込みで、芸術って人間が創り出したものだから、

ましてや、その人だからこそ、が詰まっているから、好きなんだよなぁ。

【次回】

ノアノオモチャバコ『ノア版ワーニャオジサン』東京・名古屋公演11/21~

東京キャラバンin岡山 リーディングアーティスト:福原光則

・映画『AI崩壊』2020/1/31 全国公開

・『ギャングース』DVD &Blu‐ray発売中

『僕らのモテるための映画聖典』メルマガ 毎週水曜日配送&Podcast


梨の日

Risa Kameda Official Blog 亀田梨紗のオフィシャルウェブサイトです。 ブログを中心に更新していきます。

1コメント

  • 1000 / 1000

  • 神田久好

    2019.01.09 20:50

    おはよう! 梨紗ちゃん、クラシックとは!!笑  私も中学校以来、聴いてないですヨ~~  ましてや、生演奏は・・笑  解説付きなら、素人の私も行きたいですヨ!  今日も色々と頑張って下さい!