『笑う招き猫』

映画の日に、突発的に観に行った映画

『笑う招き猫』




『お嬢さん』を観終えてだいぶ興奮してたところに、私本当いいチョイスした。


原作も読んでた私。
映画化を聞いて、ずっと楽しみにしてました。


原作とは入り口から違う感じ。
登場人物も、原作とは違う人が多かったかな。

でも、やっぱり現実の人間で会話してぶつかって日々流れていく感じは、文字では味わえない楽しさで。

アカコとヒトミがまんまいて。
そして周りの人物達への、監督からの愛が凄い伝わる。

色んな人がいるからこそ、
コンビも、2人の関係も、個人も、成り立つんだなぁ。



飯塚監督節の展開も笑いも、アカコとヒトミにピッタリ。
気持ち良いーの。


何より、2人の、最後の漫才。

丸々映した1漫才公演、

ふっつーーに、笑ってました自分。笑)

漫才師アカコとヒトミとして、
また2人のネタが見たくなったり、

まさにカッコ(つけないのが)いい
ラストシーンでした。



あんなにぶつかり合える"相方"って存在は、漫才コンビならではだろうし、
羨ましくもなったな。

何より、マネージャーさんが東京03の角田晃広さんて!
これは!ズルイ!!

こんな人に出会えるかしら…。
憧れというか、もはや萌えてしまった。萌え。



カラっと笑えて、いいなぁと思えて、
いい映画の時間を、過ごせます。




新宿武蔵野館で見つけた




女性コンビ割

そして

タレント割り…!!


なにこれなにこれ!

知り合い皆んな、これ使って行けばいい!



『笑う招き猫』ツイッター

【亀田梨紗次回出演】

海賊のように飲む会 ライブハウス公演@高田馬場ジェットロボット

『歌謡、愛をコロス劇場の人々』

9月1日(土)※ゲスト出演

詳細 https://87risa.theblog.me/posts/4669643

【映画】

・6/3~『恋とさよならとハワイ』DVDセル&レンタル化

カナザワ映画祭2018 ”期待の新人監督”『東京の夜』(萩尾悠監督)入選&上映

・『ギャングース』(入江悠監督)2018秋 全国公開

梨の日

Risa Kameda Official Blog 亀田梨紗のオフィシャルウェブサイトです。 ブログを中心に更新していきます。

1コメント

  • 1000 / 1000

  • 神田久好

    2017.05.04 21:19

    おはよう! 梨紗ちゃん、いつも返信アリガトウ! 四苦八苦の毎日でした~笑 面白そうな映画ですネ! 主演の方が意味深ですが・・笑 毎年、GWは大掃除=断捨離にしておりまして~ 情報アリガトウ!